Monthly archives: 9月, 2014

ヨトウ

P9242293
PA042335わけあって銀座三越の食品売り場で買った350円のブロッコリー。
冷蔵庫に入れたまま数日忘れていたのですが、取り出してみると立派なヨトウがムニムニとっ!!
夏の天候不順で人間様でもなかなか手が届かない高級ブロッコリーで育ったニクイやつ。

そのまま飼育したところ、1週間ほどで蛹になりました。
このまま成虫にして三越製高級ヨトウとして販売しようかしらん。400円



キャベツ、ハクサイ経過報告

P9202194キャベツ、ハクサイが防虫ネットの中ですくすくと育っております。

P9202196

P9202204

P9202210
ハクサイの脇にコンパニオンプランツとしてシュンギクを混植してみました。キク科のシュンギクの香りが、ハクサイを狙って飛来するモンシロチョウ、ヨウトウガなどを忌避する働きをするそうです。
残念ながらハエ目には効果がないようで、ナモグリバエが1匹紛れ込んでいます。

防虫ネットの中に虫が入ると、逆に虫たちを外敵から守るシェルターになってしまいます。
大根と小松菜の防虫ネットの方にはモンシロチョウが入り込んだらしく、卵からかえったアオムシたちの楽園となっておりました・・・。
7頭捕獲!!!
野菜を育てているのか、虫を育てているのかよくわからなくなってきました。



ジャガイモに芽がはえた

P9202205 P92022378月末に植えたジャガイモの芽が出ました。
5,6本顔を出し、混雑していましたので、太いしっかりとしたもの2本を選別して、残りは摘んでやりました。ホクホクの肉じゃがのことばかり考えてしまいます。
アブラムシ対策を早めにやらないといけませんね。

オクラの葉っぱにきれいな虫がついておりました。フタトガリコヤガの幼虫のようです。さっそく捕獲!



イモキバガ

P9192178先日採集した蛹の正体が判明!
イモキバガです。
今朝、飼育箱の中でパタパタしておりました。
2個の丸い斑紋が特徴的で、サツマイモの主要害虫だそうです。
クウシンサイ(ヨウサイ)はヒルガオ科サツマイモ属ですので、好むのでしょう。
ちなみにクウシンサイは英語でwater spinach(水ホウレンソウ)というそうです。
葉っぱの形は似てなくもないのですが、あのクウシンサイの貪欲に匍匐する感じは違うような・・・。



何の蛹?

P9132078空心菜の葉っぱに小さな蛹が。なんだろ?飼ってみます。



イラクサギンウワバ

P9122054
キアゲハといっしょに茎ブロッコリーについてきた尺取虫。数日前から一頭行方不明で捜索願が出ていたんですが、なんとテーブルの下で蛹を作っていました。そして本日ようやく羽化。斑紋から判断するとイラクサギンウワバのようです。見事な模様!



ベランダにコナジラミ

P9052014
ベランダで育てているハクサイに水を上げていたら、白い粉のようなものが飛び立ちました。
一瞬、チョーク粉かホコリでも舞い上がったのかな?と思ったのですが、意思を持って舞い上がったような気がして、よくよく見ると・・・コナジラミでした。翅の間に隙間があるのでタバココナジラミでしょうか?
吸汁された葉っぱは白いカスリ状になって生育が悪くなります。すす病を発生させたり、ウィルスを媒介したりすることもある大発生するとやっかいな害虫。最近は従来の薬剤に抵抗性を持った“バイオタイプQ”と呼ばれるタイプが確認され問題になっている様子。植物同様、虫も遺伝子を変化させ日々進化しているようです。

P9051993
しっかり卵も植え付けております。これは薬をまかなければと思い、ちらっと調べたんですが、三井化学アグロのコロマイト乳剤という殺虫剤が良さそう。“バイオタイプQ”のコナジラミ類にも効くそうです。微生物から生まれた薬剤なので減農薬栽培で使用しても農薬としてカウントされない!農協に行けば売ってるのかな?
それにしても小さい。ぼーっと水やりをしてたら気づきませんでした。街中のベランダ栽培だからこんな虫は来ないだろうと油断しておりました。侮るなかれ!



何の卵?

P9011839オクラの葉っぱに黄色い卵が付いていました。何の卵だろう??



ウワバ系?

P8301584P9011833

キアゲハの蛹といっしょに持ってきた茎ブロッコリーの葉っぱですが、アオムシの他にも卵が付いていたようです。おそらくタマナギンウワバとかウワバ系の幼虫かと思われますが、幼虫の段階ではちょっと判別が付きません。このまま飼ってみます。